« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

男心     その四

久しぶりの『男心』で

おもしろい話を聞きました^^


あなたはメールを送りますか?

それとも、メールが届きますか?


最近では、電話よりメールの方が

恋や愛を語るツールになっていますよね?!

例えば・・・

コンパの時なんか、出席者のメールアドレスを

赤外線で『ピッ』

帰りながら「今日は楽しかったよ〜♡」の

『きっかけメール』をそ〜しん^^

「こちらこそありがとう、また誘ってね☆」

『つなぎメール』完了!!

そして、何人かのメールを送ってきてくれる人と

何回かのメールのやり取りをかわし

その中から、より気の合いそうな人と

会えるか?

とりあえず会ってみるのか?

会いたいのか?

駆け引きメールを数回・・・

そしてやっと『会って食事でも』って所まできたら

後は、普通を装いながらもドキドキしながら

今までのメールでの予備知識を武器に

久しぶりの再会ですよね^^

こんな感じで、カップル成立が

多いみたいですネ♡

さて!

長い前フリでしたが、問題はここからです!

めでたく付き合ったのはいいのですが、

どうですか?

それからのメール・・・

いっつも、あなたから(女性)送信していませんか?

『そんなこと無いよ^^いっしょくらいだよ♡』

そんな方、少なくないですか?

付き合う前は、あんなにマメにメールをくれたのに・・・

付き合ってからは、女の子のデコメールに対して

男『うん、わかった・・・』

女の子「それだけかよ!!!」

そんな経験の女の子が多いらしい・・・^^;

なんで私(女の子)が、こんなにメールを送っているのに

いつも、題名の頭に『Re:』って書いてあるの?

なんで男はメールを自分から送らないの?

そんなこと思ったことないですか?

この男心はズバリ!!

『彼女からのメールの数が愛のバロメーター』

なのですよ♡

彼氏『もう〜うるさいな〜ハイハイ分ったから♡』

みたいなことを感じていたいのです。

その証拠に、今までいっぱいメールしていた彼女が

少しメールするのをひかえたりすると、

男「最近、メールないけど・・・なんで?」

みたいな事言ったりしていませんか?

そんなもんなんですよ・・・(^_^;)

心のどこかで、

『彼女より優位にたっていたい♡』

『俺より、お前の方が俺を好きでいろ♡』

そんな男心が働いているのです♡

もちろん、世の男子全員がそんなことは

ありませんけどね^^

そんな人が多いということです!!

特に年上の男はね^^

それがメールで分る『男心』なんでしょうね(^^)v

でも、それでうまい具合に『バランス』が

とれているんじゃないかと思っております・・・

これもまた、わがままな男心でしょうけど・・・♡

でも、忘れてほしくないのは、

あなたのメールの文面から

『大好きな、愛(あい)たい気持ち』は

必ず、彼氏の携帯の受信BOXに

届いているはずですよ♡

なんてね〜〜〜^^

おっと・・・俺も、返信しなくちゃ・・・

だけど、あえて・・・

『Re:』は、

はずさないけどネ♡

いつも読んでくれてありがとう^^
そろそろ、純愛物語が、
書きたくなってきました・・・♡
また、読んでくださいネ^^
↓クリックして投票お願いします。
ブログランキング

|

2006年10月28日 (土)

恋愛調査

先日、どこかのサイトを見ていたら、

おもしろいリサーチが載っていました。

『あなたは、初対面の異性のどこを最初に見ますか?』

っと言う質問です。^^

男のTopは・・・・・・


『目』でした!!


とても分かる気がします。

僕も、間違いなく『目』から見ますね^^

だから、女の子の『目元のメイク』は

かなり重要だと言う事が解りますね^^

その次が、お決まりのスタイル(胸)だとか、

足だとか・・・

ここら辺は、一般的ですよね!

ようは、男は外見ばっかりに目をやる

本当に単純な生き物だと言うことが解ります(^_^;)

じゃあ、女の子の一番は何でしょう・・・?


『雰囲気』なんだって!!

なるほど〜〜〜すごく女性らしい答えですよね^^

思わず感心してしまいました。

2位は『ファッション!!』

3位は『手』^^

もちろん、これは統計の問題だから

『そうかな〜?』って意見もあると思いますが

一応、これがリサーチ結果でした。


これを見た時、『女の子ってスゲ〜な〜』って

本気で思いましたよ。

だって「初対面」で、男性の持つ

『雰囲気』から視ようとしている訳ですもんね!

顔と体格と性格と知性・・・

もちろん、金銭面や癖さえも含まれる訳ですけど・・・

二番目のファッションも、結局は

その人の内面の表現の1つですね!?

多少「顔」がいまいちでも、「スタイル」が良くなくても

『おしゃれな人』がモテると言うのは

『チョイワルおやじ』じゃないですけど

女性より、はるかに男性の方が多いんじゃないですか?

3位の『手』

これも、明らかに内面的感情の表れですね!?

『その大きな手、はなぜか安心する』みたいな感じだ

そうです^^

 中には、『手フェチ』って方もいるとは思いますが・・・

女の子の多くは、例え初対面でも、

やはり男性から発せられる

内面的な物に『心が惹(ひ)かれる』らしいですよ^^

でも・・まぁ・・・人それぞれだから

参考程度にしかならないんですけどネ(^_^;)

問題は、『あなたがどうなのか・・・?』って事ですね・・

一度、じっくり考えてみてくださいネ^^

結構、このリサーチが当たっているかもよ〜(笑

ここで、男性の方に注意!!

このリサーチ結果を見て

『そんなん、雰囲気って・・・

見るってことじゃないやんけ〜』

とか、言わないでくださいネ

女の子から見たら

『そんなこと言っている事じたい』

『雰囲気の悪い男』らしいですからw

いや〜女の子に好かれるって

ホント大変ですネ・・・(^_^;)

どこ視られているか解ったもんじゃない(笑


読んでくれてありがとう^^
僕のブログはあなたに届いていますか?
↓クリックして投票お願いします。
ブログランキング

|

2006年10月25日 (水)

恋愛能力

あなたは、人を好きになる時

何が決め手となりますか?

顔?これは1番多いでしょうね^^;

性格?これもゆずれませんね^^;

だけど、顔が好きって言ったって

やはり『好み』が大きく左右しますよね?

性格も、どんなに良い性格だからって

『相性』が悪ければ、うまくいきませんよね?

そしたら、『顔』と『性格』は


個人の好みだとして・・・

では、その他の決めてはなんですか?

『おしゃれな人』、『立ち居振る舞い』、『おもしろさ』

『安心感』、『包容力』・・・ets


それらの、人(自分)より秀(ひい)でた

『特殊能力』なんですよね^^

上の5つのことなどは、女の人がよく言う

男性の『特殊能力』の一部ですけど

では、男からみる女性の『特殊能力』って・・・

おそらく・・・・『色気』と「特殊能力」と言う名の

『愛嬌(あいきょう)』でしょう!!

『色気』は、これまでにも色々書いているので

あえてここでは省くとして・・・

問題は『愛嬌』です!!

「それって、性格じゃないの」?

確かに、性格の一部ではあるとは思いますが

職業柄などでもその『愛嬌』は変わってきます。

一般的に、魅力的とされている

『フライト アテンダント(スチュワーデス)』や

『アナウンサー』の気品

『看護士』や『保母さん』の温かいやさしさ

『水商売』の女の子の細かな配慮など

多種多様に存在します。

これは、『女性の魅力』の1つですよね^^

その職業で当たり前に行っている

ことがらや行為が、男にはたまらなく魅力に

思えてしまう・・・

ましてや、その女性は、その『特殊能力』を

『オート(自動)』でおこなえるのですから^^

この他にも、たくさんあるのでしょうけど

この、職業から産まれる『特殊能力』は

オート故に、自分たちでは『気付きにくい』と

言う欠点があるので、

一度、他業種の人もしくは友達に

『私の特殊能力って何?』って聞いてみては?(^^)

女の武器は『顔』や『体』だけではないんですよ♡

意外な能力が、あなたにオートで

備わっているかもね(^^)v

そう言えば・・・俺の能力って・・・・

やっぱり自分では解らんなぁ〜(^_^;)


FC2ランキングの方が非情に淋しい状態です;;
(右上のFC2ランキングの所をクリックです)
そちらもクリックして頂けたらうれしいです。

いつものランキングも、ガンバッていますので
そちらも、どうかよろしくお願しますネ^^
↓クリックして投票お願いします。
ブログランキング

|

2006年10月21日 (土)

酔っちゃった・・・♡

産まれて初めて・・・

トイレに携帯を流してしまった・・・

やまけんです・・・・::

っていうかさ〜流れるか?

ふつう詰まったりするんじゃね〜の?

忘れよ・・・・絶対忘れよ・・・・

ってわけで、今回は飲み会のお話

いきなりですが、あなたは

飲み潰れ『る』タイプですか?

それとも、飲み潰れ『れ』ないタイプですか?

この意味解りますか?

飲み会をしたら、飲み潰れる人っていますよね、

あれって単にお酒が弱いだけじゃない

と思うのですよ。

簡単に言うと、誰かがいると安心して

『飲み潰れる事ができる人』

その反対に、誰かがいると

その誰かが酔いつぶれてしまうかもしれないので

『酔いつぶれる事ができない人』

3、4人で飲んでて全員飲み潰れてしまうなんて

あまり聞いた事がないでしょ(^^)

このバランスは飲むメンバーや人数で

自然に決まってしまうらしいのです。

例えば3、4人の仲の良い友達で

飲んだ時は、潰れる人と、介抱する人は

ほぼ決まっていませんか?

では、その差はなんなんでしょう?

飲み潰れる人の特徴は、悩みや問題を

人によく相談するタイプの人が多くないですか?

その逆に、酔い潰れない人は

相談を受けるタイプの人が多いかな?!

じゃあ、相談を受けるタイプの人は

いつも介抱で疲れますよね・・・・・

っと、思うでしょ?

実はそうでもないのですよ^^

潰れる人は、人に悩みを聞いてもらう事で

ストレス発散していますよね^^

そして、潰れない人は、人の相談を聞いて

それに対してコメントすること、もしくは

自分の考えを相手に話すことで

ストレス発散できていると思うのです。

要するに、お互いの『気質』のバランスが

お酒のおいしい『おつまみ』になっているんですよね

でも、勘違いしないでくださいよ!

お酒の弱い人が、調子に乗って『無茶のみ』して

酔い潰れるのとは違いますからね(^_^;)

もしもあなたがいつも、聞き役もしくは介抱役だったら

一度、本気で初めから酔った『フリ』とかして

わざと『相談』とかしてみてください。

いつも酔いつぶれている人が

結構しっかりとコメントしてくれるかも。^^

二人以上の飲み会になると

そう言うバランスはかってに起きちゃうんですよね

でも、いつも相談を受けてるような

お酒に強い人が、自分に甘えてくれたりしたら

嬉しくないですか?(^^)

僕は、そう言うのにめっぽう弱いです♡

以前、ジュンアイメイロで書きましたが
(http://junai-meiro.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_68fb.html)

『あれ〜いつもはこんなくらいじゃ酔わないのに・・・

なんか今日は酔っちゃった・・・』

このフレーズはテクニックとして

覚えていてくださいネ(^^)

3、4人のメンバーの中に好きな人がいる場合は

たまには、あなたが酔っちゃってみてください!

そして、思いきって甘えてみてください!

お酒の神様があなたにきっと、

力を貸してくれますよ(^^)v

くれぐれも、潰れてしまわない程度にネ

それと、後、飲んだ時は携帯を

ポケットに入れないように!!

信じられない事が起きるかもしれませんよ;;

忘れよう・・・・忘れよう・・・・(涙

注意:どんな人でも、度をこしてしまうと
酔いつぶれてしまいますので、
飲みすぎには十分注意してくださいネ^^
後、お酒を飲めない方は、ほんと無理に
飲まないことをお勧めします。
そんな方は、お酒の雰囲気を楽しみましょうネ

FC2ランキングの方が非情に淋しい状態です;;
(右上のFC2ランキングの所をクリックです)
そちらもクリックして頂けたらうれしいです。

いつものランキングも、ガンバッていますので
そちらも、どうかよろしくお願しますネ^^
↓クリックして投票お願いします。
ブログランキング

|

2006年10月19日 (木)

相性チェック

あなたには、自分の時間は必要ですか?

これって、ほとんどの人が『YES』と答えるのでは

ないですか?

恋人と過ごす時間は大切ですよね。

だけど、誰にも気を使わなくてもよい

『自分の時間』もとても大切な時間なんですよね。

もちろん、ずっと独りを望む訳ではないですよ^^

例えば、仕事から帰ってきた時とか、

休日の昼下がりとか・・・

だけど、『独りの時間なんていらない』

と言う人も結構いるんですよね・・・

『誰かといる方がホっとする・・・』

逆を言うと、『誰かがいないと、落ち着かない』とか

『とても不安になるとか・・・』

とりあえず誰かと一緒にいないと・・・

この、性格を考えるとまさに、

前者の性格とは『真逆の性格』って事になりますよね?

どちらが良いってわけじゃないですけど

この二つの性格で、思いなやんだことはないですか?

僕には、あるのです・・・・

僕は、『独りの時間』なんていらないって

タイプなのですが、

付き合う女性は、ほとんどが

『自分の時間』主張者でした。

そうなると、そこに矛盾が起きますよね?!

『一緒にいたい・・・』

「今は、独りでいたい・・・」

『俺の事、嫌いなの?』

「そんなんじゃなくて、独りの時間がほしいだけ」

『・・・・・・』

これを、性格の不一致と

勘違いしてしまっていたのです・・・
(もちろん、本当にそうなのかもしれませんよ^^;)

1回、2回なら仕方が無い・・・

ましてや、友達ならともかく

恋人となると・・・

これで、恋が冷めてしまうこともありました・・・

『こんなことで!』とおっしゃる方もおられると思いますが

結構、深刻な悩みだったのです。

では、もしお互いの性格が

『自分の時間なんていらない』もの同士なら

どうでしょう?

お互い、独りは嫌だから

いつも、ストレス無く一緒にいれる。

その逆は・・・

『自分の時間』が必要な事は

お互い理解しているので、

それに対してのストレスは少ないでしょう。

そして、お互いが『お互いの自分の時間』を作る

端から見ると、一見仲が悪そうに見えても

実は、ラブラブな二人です。

まぁ、そんな簡単な物じゃないでしょうけど

実戦でも使ってみてわ・・・

付き合う前や、コンパの時、

そして好きな人に、

『独りの時間』って必要?

って訪ねるだけで、その人が

『独りタイプ』なのか『みんなタイプ』なのか

わかりますね。^^

理想を言えば、好きな人が同じタイプの人なら

案外『お似合いのカップル』かもしれませんネ

あなたはどうですか?

憧れの人は・・・

大好きな人は・・・

恋人は・・・

こんな、見方から『相性チェック』してみても

おもしろいかもね?

結構当たるかもよ〜〜〜〜(^^)v

FC2ランキングの方が非情に淋しい状態です;;
(右上のFC2ランキングの所をクリックです)
そちらもクリックして頂けたらうれしいです。

いつものランキングも、ガンバッていますので
そちらも、どうかよろしくお願しますネ^^
↓クリックして投票お願いします。
ブログランキング

|

2006年10月16日 (月)

ホウゲン(方言)

連続もの(物語系)を書いていると、

単発ものを書きたくなる・・・

単発ものを書いていると、

無性に連続もの(物語系)が書きたくなる・・・

どうも、やまけんです。

実は、土日で『横浜』に行っておりました!

いや〜いいですよね〜〜〜

えっ?何がいいかって?

『方言』ですよ、『ほ・う・げ・ん♡』

やっぱり僕のようなコテコテ関西人は

あの、『〜じゃん』とか『〜だとね』とか言われたら

もう無理です・・・たまりません!

多少かわいくなくっても、

それだけで・・・・好きになっちゃうかも?

そう言うの、あなたには無いですか?

僕みたいに、関西の人は、関東の言葉に憧れたり

その逆に関東の人は、関西弁に憧れたり・・・?

自分と違った言葉とか、イントネーションって

なんか『ドキッ』っとするんですよね^^

しかも、仲良くなっちゃったりしたら

東京の女の子が、マネして変な関西弁

使ってみたりしたら『かわいくてしょうがない♡』

結構みんなそんな風に思っているんじゃないかな^^

男女問わずに!!(特に、関西の男はね)

ってことは、これを使わない手は無いですね!

確率的に薄いかもしれないけれど、

会社や学校、コンパや、友達の紹介、

いろんなコミュニティーで、気に入った人が

他方言の人で、好きになった人がいたなら

その人の、ホウゲンをマネてみてくださいネ

きっと、『かわいい♡』って思われますよ^^

注意すべきは、男は無理にマネしない方が

良いでしょう・・・リサーチの結果

『下手なマネならしない方がよい』

と言う女の子の答えが

思いのほか多かったから・・・

僕が思うに『ホウゲン』も立派なその人の

『個性』だと言う事です。

できれば、その方言に誇りをもって

『魅力』として活用してくださいネ(^^)/

だ・け・ど・・・・・・

そう言ってるわりに

たくさんの関東弁の中で

関西弁を聞くと〜〜〜〜〜

な・ぜ・か・・・・・

かわいく聞こえるのよね〜〜〜〜♡

そんな僕は、

優柔不断なんですかね〜(^_^;)


FC2ランキングの方が非情に淋しい状態です;;
(右上のFC2ランキングの所をクリックです)
そちらもクリックして頂けたらうれしいです。

いつものランキングも、ガンバッていますので
そちらも、どうかよろしくお願しますネ^^
↓クリックして投票お願いします。
ブログランキング

|

2006年10月14日 (土)

ふたつの光      最終章

前回の検査から一ヶ月が過ぎた・・・
 
そして、3回目の検査があった。

不安を抱きながらも『治っていて欲しい』と

祈りながら、病院へ向かった。

いつもの長い検査を終え

裕也は、その結果を待っていた・・・

この待ち時間が、どれだけ長く感じた事だろうか・・

看護婦さんに呼ばれ、

不安と緊張を抱えながら中へと入って行く・・・

もし・・・

この検査でもダメだったら・・・・

裕也は少し震える声で『せ・せんせい・・・結果は・・・』

先生「裕也くん、脳にできてた腫瘍が

かなり小さくなっているよ!!」

裕也『えっ!!お、おれ・・・俺の病気は

治ってきているんですか?』

先生「まだ、様子をみないと分からないけれど

失明の心配はなさそうだね」

裕也『本当ですか!本当に俺・・・・』(涙

先生「おいおい、まだ油断は禁物ですよ」

裕也『先生、ありがとうございました!!』

裕也は、言葉では表現できないくらいの幸せと喜び、

そして嬉しさいっぱいで病院を飛び出した。

そして、その気持ちを、誰よりも早く

大好きな美紀にメールを送った。

【なんかさ〜俺〜今すぐ美紀をギュッとしたいねん♡

 美紀がつぶれてしまうくらい抱きしめたいねん・・・

 俺・・・美紀を・・・愛してる・・・

 美紀は・・・美紀は俺の、大切な光や。】

そう、これは土曜日のお昼過ぎにきたメールだった。
  (↑ふたつの光 第一章を参照)
私は裕也のメールを最後まで読み終えて

あの時の『光』という言葉にどんな意味があったのか

ようやく理解できました。

手紙の最後の方にはこうつづってあった・・・

【治らないかもしれないって言われた病気も

あきらめたらダメなんや・・・大切なのは、

治そうと思う気持ちを持つ事なんやな・・・

本当に愛する、誰かのために・・・

そんな気持ちになれたのは、美紀がいたから・・・

美紀は俺の人生を変えてくれた。

そして、大切なモノを『2つ』くれた・・・

一つは見えると言う『光』を

もう一つは、将来と言う『光』を・・・

俺は、美紀と一緒にその『光の道』を

歩いて行きたいと、心から願っているよ・・・】

携帯のメールは、私の涙のレンズで

文字が歪んで写っていました。

もしも、神様が存在するのなら

こうなる事を分かっていてこの時期に二人を

結び付けてくれたのかもしれない・・・


私達が付き合うきっかけになったのは、

ゴールデンウィークに再会した事である

実はその時、京都の清水寺にある主人神社へ

観光がてら、みんなで

縁結びのお参りに行っていたのです・・・

このお参りに行った事で、

三年越しの恋が実ったのなら

きっと神様は存在する!っと思った。

神様はあの時、こっそりお願いした事を

ちゃんと聴いていてくれたのかも・・・

少し、意地悪な神様だったけど・・・^^

人はいつの間にか、今の生活が当たり前の様に

思ってしまいがちになってしまう・・・


だけど、当たり前だと思ってた生活が、

なくなるかもしれないと分かった時、

そうなってしまった時に初めて、

考えたり、気付く事が多いのかもしれない・・・


きっとそんな事になるなんて、

考えもしないから、なんでしょうね・・・


それから、数ヶ月が経ち

私達は、二人でもう一度、自主神社へ行きました。

そして、仲良く絵馬に、お祈り事や

自分達の気持ちを書いて、

お礼参りをした。


これから先、

二人の思い出の場所は

声揃えて清水寺って言うんだろうなぁ...^^

これから2人にどんな事が起こったとしても、

変わらず『想い合える』気持ちを忘れないで

いたいです・・・

それこそが私が見つけた

『純愛』だと言える

気がします・・・(^_^)v

       おわり

注)彼女の気持ちを保護する為に
コメントはメールにて確認してから
     公開したいと思いますので、
     よろしくお願いします。
     junaimeiro@yahoo.co.jp

FC2ランキングの方が非情に淋しい状態です;;
(右上のFC2ランキングの所をクリックです)
そちらもクリックして頂けたらうれしいです。

いつものランキングも、ガンバッていますので
そちらも、どうかよろしくお願しますネ^^
↓クリックして投票お願いします。
ブログランキング

|

2006年10月10日 (火)

ふたつの光      第六章

もし、本当に裕也の目が、

見えなくなってしまったら・・・

私は・・・私は・・・

どうすればいいの・・・・?

別れるの・・・?

だけど、本気で好きになった人と

嫌いになった訳じゃないのに

別れられるの・・・?

もし別れたとしても、目が見えなくなってしまう彼を

忘れて、別の人と結婚して幸せになれるの・・・?

そんなの・・・無理だよ・・・・・

だって・・・・

大好き・・・・だから・・・


裕也の目が見えなくなってしまうと

不安になるのは彼だけじゃない

私だって同じ・・・

将来の事を考えると、きれいごとだけじゃない

過酷な現実が襲ってくるでしょう・・・

裕也がどう言うかは分からない・・・

薄れ行く光の中で、彼は私を拒むかもしれない

私の為に・・・

逆の立場なら私も・・・

きっと・・・

だけど・・・


それでも・・・


私は、それでもいいから・・・

彼に拒まれてもいいから、

彼の『支え』になりたい!と思った・・・

彼の『瞳』になりたい!と決意した・・・

そして・・・

裕也は2回目の検査を受けた・・・

病気は・・・・

治っていなかった・・・

それでも彼は、通院と投薬を欠かすことなく

病気と闘った・・・

いつ目が、見えなくなるかも


わからずに・・・


FC2ランキングの方が非情に淋しい状態です;;
(右上のFC2ランキングの所をクリックです)
そちらもクリックして頂けたらうれしいです。

いつものランキングも、ガンバッていますので
そちらも、どうかよろしくお願しますネ^^
↓クリックして投票お願いします。
ブログランキング

|

2006年10月 8日 (日)

ふたつの光      第五章

私と裕也は、しばらくの間、何も話さないまま、

時間だけが過ぎた・・・

そして、少し落ち着いた感じで裕也が

検査の結果が分かってからの事を

ゆっくりと話し始めてくれた・・・


裕也「俺、失明するかもしれへんって言われてからな

毎日当たり前の様に過ごしてた事が、

いつかそうじゃなくなるんやって考えたら

すごく・・・怖かった・・・

でもな・・普段何も考えずに過ごしてた時間が

どれだけ幸せな事だったのか、

初めて気付く事ができた・・・

だから・・・この時を、もっと大切に生きようと

本当に思って・・・」

裕也は毎回、私と会った日は

駅の改札まで送ってくれて

改札を通りホームに向かう私の姿が見えなくなるまで、

ずっと見ていてくれていた・・・

私は、いつも裕也が最後まで見送ってくれる事に

ただ嬉しく思っているだけだった・・・


だけど、それは『好きだから・・・』という

気持ちだけではなく

次会う時までに、目が見えなくなってしまっても

ずっと忘れる事がない様に・・・

私の笑っている顔を・・・

しっかりと、その『瞳』に


焼き付けておきたかったからだと・・・


裕也の一つ一つの行動に

色んな気持ちと想い・・・

そして考えがあった事を知った・・・


病院に検査をしに行って今までの2ヵ月間、

私は彼の事を、思い返していた・・・


裕也は自然に囲まれ緑もいっぱい

夜だって、星がすごく綺麗に見える所で育ち

今でも、そこに住んでいる・・・

それなのに、大阪で遊んでいた時

周りは高い建物ばっかりで、空が広く見えない所なのに

しばらく空を見上げて


   「キレイやなぁ・・・」


と言っていた事があった・・・


綺麗なものや、珍しいものは誰もが立ち止まり

目にとめたりする・・・

だけど、他の人から見たら特に何もない

ごく普通のものでも彼は気にとめて、

忘れることの無いように・・・

その瞳で、よく観ていたんだ・・・

裕也の話は続いた・・・

裕也「俺、どうしていいのか何も考えれなくて

不安になってばっかりやったけど・・・

美紀と会ってる時は、不思議と病気の事が忘れられて

一緒に心から笑えて、

楽しい時間を過ごせたんよ・・・

だから俺は、そんな時間がいつまでも

続いてほしいと・・・思って・・・」

私「そうやったんやぁ・・・裕也そんな風に思ってくれて・・・

一緒にいる間だけでも

気持ちが楽になってくれててよかった・・・」

私は、強く裕也を抱きしめた・・・

裕也「それでも、やっぱり・・・独りになると・・・

怖くて・・・怖くて・・・

俺・・・諦めかけてた・・・

『でもな、俺!それじゃあかんって思ったんよ!

いつも俺と会う時間をつくる為に、

仕事、徹夜してでも頑張ってくれてる美紀を見てたら

もっと、前向きに頑張らなあかんなって思ってん!」

私「うっ・・うん・・・それで・・・?」

裕也「俺、少ないねんけど・・・

治る可能性にかけて、あきらめずに

病気を治す事に決めたんよ!

弱気になってばかりじゃなく、

自分と闘うって!」

私と裕也は泣きながら抱きしめあった・・・

美紀「私も、できるだけ協力する・・・

私にできる事があったら、なんでも言ってね」

裕也「ありがとう・・・

俺には、美紀が側にいてくれるだけで

本当に・・・頑張れる・・・」(涙


初めて病院に行ってから2ヵ月が経ち

再び検査を受けた・・・

だけど・・・

脳にできた腫瘍は・・・

治っては、いなかった・・・・


やはりこの病気は『薬』や『気持ち』だけでは

治ならいものなのだろうか・・・


裕也はには・・・

もう、見えなくなる未来しか待ってないの・・・?

ごく普通の、ごく当たり前の毎日を送る事は、

もうできないの・・・・ですか?

FC2ランキングの方が非情に淋しい状態です;;
(右上のFC2ランキングの所をクリックです)
そちらもクリックして頂けたらうれしいです。

いつものランキングも、ガンバッていますので
そちらも、どうかよろしくお願しますネ^^
↓クリックして投票お願いします。
ブログランキング

|

2006年10月 6日 (金)

ふたつの光      第四章

【俺な・・・病院に行って検査した結果あったやろ?

あの時、何もなかったって言ったけど

本当はな・・何もなかったなんてな・・・

ウソなんよ・・・

脳にな・・・小さなできものができててな・・・

それが原因で・・・・

失明するかもしれないって言われたんよ・・・】

私は想像もしていなかった

彼の手紙の内容に

ただ・・・戸惑う事しか出来ませんでした・・・


やっと好きな人と付き合えて、

本当に楽しくて・・・幸せで・・・

なのに・・・こんなこんな事・・・

【真実を知って・・・美紀が・・・

俺から離れていくと思うと・・・・

恐くて・・・・・怖くて・・・・

だからって、別れてくれとも言えなくて・・・

そのまま付き合ったとしても、

『情』で付き合ってくれてるって思うと、

それも許せなかったから・・・

本当の事が言い出せなかった・・・

だけど・・・・

このままだまっていて

もし・・・・・

そう思うと、やっぱり俺の大好きな美紀には

俺の本当の事を、解ってもらいたくて・・・

こんな大事ことを、黙っていた事、ウソをついた事、

手紙にしてしまったことを、許してくれ・・・・】

私は裕也の真剣な想いを、

初めて身に染みて分かったと同時に、

色んな気持ちが込み上げてきました・・・


裕也は皆に心配をかけたくない思いと・・・

自分自身に突きつけられた病状、

そして、その現実からくる恐怖で

この事を誰にも、家族にさえも話せないでいたらしい・・・

あの診断結果を聞いてからは、独りになると、

『俺は、いつ目が見えなくなってしまうのだろう』と

考え込んでしまう毎日で・・・

ずっと不安と、恐怖と、誰にも言えない孤独に、

襲われてたのです・・・


私は、あふれ出る涙を、止められなかった・・・

裕也が独り苦しんでいる時・・・

私は何をしてた・・・?

この事をもっと早く知ってたら・・・・

知ってたら・・・

私は裕也に何をしてあげられただろう・・・?

一緒にいて、少しは不安な気持ちを

和らげてあげる事くらい出来たのかも・・・?

だけど・・・

だけど、逆にそんな事すると、

『情』でされてると思われてたんじゃないだろうか?

だけど・・・だけど・・・・・・・

知らなかったとは言え、

何もしてあげれないままでいた自分に

やりきれない気持ちでいっぱいでした・・・


脳にできたモノは、もう治らないの・・・?

これから裕也はどうなっていくの・・・?

裕也の目は・・・

本当に見えなくなるの・・・・?

いつまで見る事ができるの・・・・?

神様や奇跡が存在してほしいと、

この時初めて、

私は、本気で願った・・・

手紙を最後まで読み終えてから

私は裕也を呼んだ・・・


私「裕也・・・来て・・・」

泣いている私を裕也は、強くギュッと抱きしめてくれた

裕也「美紀・・・ごめんなぁ・・・」

私「・・・ううん、今は頭、痛くないの・・・?」

裕也「うん・・・大丈夫・・・」

裕也「美紀・・・俺・・・怖いよぅ・・・」


泣きながら、脅(おび)える彼を

私は、ただ泣きながら・・・

抱きしめる事しか・・・

ただ、そんなことぐらいしか・・・

できませんでした・・・


FC2ランキングの方が非情に淋しい状態です;;
(右上のFC2ランキングの所をクリックです)
そちらもクリックして頂けたらうれしいです。

いつものランキングも、ガンバッていますので
そちらも、どうかよろしくお願しますネ^^
↓クリックして投票お願いします。
ブログランキング

|

2006年10月 4日 (水)

ふたつの光      第三章

それでも・・・どうしても・・・

手紙の内容が気になった私は、

とてつもない不安の中

彼の手紙の続きを読みました・・・

【前、頭痛いから病院行ってくるって

言った時あったよな・・・】

そう言えば、裕也は私と付き合って間もない頃に

「頭が痛いから、病院に行って診てもらってくるわぁ」

と言って病院に行った事がありました。

でも、色々検査した結果、特に何も異常は無くて

「大丈夫ですよ」と

先生に診断されたらしく・・・

その後の裕也はたまに、

頭を痛そうにしてる時があったけど、

それ以外は、前と変わらず元気にしていたんです・・・

裕也は、ずっとクラブでやっていたバレーボールを

社会人になっても続けていて、

チームを作って毎週土曜日は練習していました。

私も、バレーボールの経験があったので

チームに入れてもらって

彼の友達から、からかわれながらも

楽しく、頑張っていたのです・・・

そして、病院に行ったあの日は金曜で

次の日は、もちろん練習の日でした・・・

だけど、診断結果が『大丈夫』だと言われたとはいえ

ちゃんと頭痛が治るまでは

練習しない方が良いと思い

家で安静にすることを進めました。

私「明日、バレー行くのやめた方がいいんじゃない?

頭痛いって言ってたの心配やし、

頭痛が治るまで安静にした方がいいと思うよ」?

裕也「嫌や!嫌や!!

俺は 、美紀と一緒に練習に行きたいねん!!」

私「でも・・・無理はしてほしくないから・・・

本当は家でゆっくり休んでもらいたいから、

今週は会うのもやめようかと思ってるんよ・・・」

裕也「大丈夫!大丈夫! 自分の体の事は

自分がよく分かってるから!

先生も大丈夫って言ってくれてるんやから(^^)

 だから、明日は一緒にバレーの練習しに行こうぜ!」

裕也『なっ!?』

私「でもなぁ・・・」

私はすごく心配でした・・・・

裕也「大丈夫やって!お願い!! 明日会えるの

楽しみにしてたから俺、美紀に会いたいんよ・・・」


不自然なくらい裕也は、いつもより強く

私に会いたがっていました・・・

私「じゃあ、無理だけは絶対しないでね!

頭痛くなったりしんどくなったらすぐやめてよ!

絶対約束ね!!」

裕也「うんうん! わかった!絶対言うから!

 会ってくれるって言ってもらえてよかったよ

あ〜明日が楽しみやな〜(^^)」

っと、あの時そう言えば、

そんな会話をしていた事を、

私は、ふと思い出していました・・・・

『えっ!?』

その瞬間、とてつもない不安が・・・

考えもしなかった不安が、

私に襲いかかってきました・・・

横になりながら、手紙を読んでいた私は

いきなり『ガバッ』っと起き上がって

その手紙の続きを読んだ・・・

裕也がどうしてこんなにも

私に会いたがっていたのか・・・

その手紙には、

信じられない・・・・

いやっ・・・・・

信じたくもない・・・

彼の真実が書かれていました・・・・


FC2ランキングの方が非情に淋しい状態です;;
(右上のFC2ランキングの所をクリックです)
そちらもクリックして頂けたらうれしいです。

いつものランキングも、ガンバッていますので
そちらも、どうかよろしくお願しますネ^^
↓クリックして投票お願いします。
ブログランキング

|

2006年10月 2日 (月)

ふたつの光      第二章

今日は待ちに待った日曜日!

そうです♡彼(裕也)とデートの日です。

近くのレンタル屋さんに

見たい映画を二人で借りに行って

その帰りにお菓子とジュースを買って、準備完了!!


だけど、この日私は仕事が忙しく徹夜明け(><)

一睡もしないまま彼の所に来ていたのです・・・

裕也「仕事で疲れてるのに、俺に会いに来てくれて

ありがとうな! 眠たくなったら

すぐ寝てくれていいからな!

俺は美紀のそばにいれるだけでいいから・・・」

私「ありがとう(^-^) でも全然大丈夫!」チュッ♡

裕也「♡じゃあ、見よっか」

私…「うんうん♡」

そんなこんなで再生をポチッ!!

映画が始まって20分くらい経った頃・・・・

私は大丈夫♡って言ったものの

あまりの眠たさに眠ってしまっていたのです・・・

気付いた時には3時間後・・・・

目を覚ますとゲームをしてる彼の後ろ姿があった。

私「あぁ・・ゴメン・・・私、寝てしまってた・・・」

私は寝ぼけながらも枕元にリボンで

可愛く結ばれている小さな箱に気が付いた。

彼は私がその箱に気付いたのを確認すると

ニコッと笑ってまたゲームを続けていました。

寝ボケながらも私は、可愛く結ばれたリボンをほどいて

みると中にはかわいい指輪が入っていました・・・

彼の思ってもいなかったプレゼントに

私は嬉しくて・・・・嬉しくて・・・・

そして、箱の中には、

小さく折りたたまれた手紙も入っていた・・・

私は、自分の気持ちを手紙に書いてくれたんだ

と思ってワクワクしながら、その手紙を読んでみた。


「美紀、いつも週末俺と会う為に

仕事を遅くまで頑張ってくれてありがとう。

感謝の気持ちでいっぱいです・・・

実はな・・・俺な、美紀にウソついてた事がある。

それを言葉にできずに、

手紙で言う事を許してほしい・・」

急に私はその先を読むのが恐くなった・・・

ウソついてた事を許して?

裕也は私に何をウソついてたの・・・?

ウソって・・・・・何?

その時、私は悪い方にしか

考えられなかったのを覚えている・・・

私は、そのザラッとした気持ちに

耐えきれず、思わず手紙を伏せてしまって

その続きを読む事ができなかった・・・

彼のウソって・・・・・・

目の前が真っ暗になった・・・・


FC2ランキングの方が非情に淋しい状態です;;
(右上のFC2ランキングの所をクリックです)
そちらもクリックして頂けたらうれしいです。

いつものランキングも、ガンバッていますので
そちらも、どうかよろしくお願しますネ^^
↓クリックして投票お願いします。
ブログランキング

|

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »