« 男心     その四 | トップページ | ジュンアイ・レター   第二話       »

2006年11月 4日 (土)

ジュンアイ・レター

まだ、携帯電話が普及してないころ・・・

ポケットベルも、みんながやっと

持ち歩き出したころ・・・

いやいや・・・もっとず〜っと昔から・・・

人が気持ちを伝えるすべに・・・

『ラブレター』ってのが・・・

あったのですよ・・・・^^

あなたは、ラブレターを誰か好きになった人に

わたしたことはありますか?

それとも・・・

あなたは、ラブレターをあなたを愛する誰かから

もらった事がありますか?

教室のゲタバコ・・・

体育館の裏・・・

帰り道の公園・・・

僕の場合は・・・

車のワイパーに挟(はさ)んでありました・・・

先輩『おつかれさ〜ん^^』

俺『おつかれさんで〜す^^』

仕事が終わり、俺は駐車場の車に乗り込んだ・・・

『んんっ!!なんじゃこりゃ?』

ワイパーの所にはさまれている

ピンク色の封筒に気がついた。

初めは、車検か何かの広告でも

はさまれているのかと思って、

おもむろに、わしづかみしてやった・・・

あれっ?

でも、その封筒には広告はおろか

宛名さえも書いていなかった・・・

まさかっ!!・・・・

これは!!・・・・

『不幸の手紙』!!


ピ〜ンときた俺は、わしづかみしている手を

出血していないか確かめながら、


恐る、恐る、カミソリで指を切らないように

俺は、その封筒をあけた・・・

そこには、かわいいピンク色の便せんが

2枚、入っていた・・・おやっ?

{いきなりこんな手紙を、車にはさんでしまって

ごめんなさい・・・わたそうか・・・

やめようか・・・

本当に悩んだんです・・・}


・・・・・これって・・・・・

・・・・・ラブレター・・・・・・?

えええええええええええええええ・・・!!

中学校の頃にも、一度もらったことがあった・・・

高校の頃は・・・手紙と言うか・・・

メモ(?)・・・みたいな・・・

だけど、見たことも無い、顔も知らない、

ましてや、どこで俺と出会ったのかもしらない人から

ラブレターをもらったことは1度も無かった・・・

{突然で驚かれていると思いますが・・・

もし良ければ、私と文通して頂けませんか?}

『ぶ、ぶんつうって・・・』

少し怖い感じはしたのですが、

気持ちは有頂天です^^♡

そりゃそうでしょ!!

ラブレターをもらって、嬉しくない人なんていな〜い!!

でしょ・・・・??

当時の俺には、彼女がいた。

ごめんなさい・・・

その時、もうすでにラブレターの

見たことも無い差出人・・・

君より、かわいく想像してしまいました。

しかし・・・私と・・・文通・・・・って?

どうやって・・・??

{方法なのですが、お返事を頂けたるのなら

その駐車場の車止めのブロックの穴に

手紙を入れておいて頂けますか?}

なるほど!!

{明日、もし、お返事が無い場合は・・・

あたし・・・ちゃんと・・・

あきらめますから・・・

本当に、いきなりでゴメンナサイ・・・yuka}

・・・yuka・・・

ゆかちゃんか〜^^

なんなんでしょう・・・

今までに味わった事の無いこの感じ・・・

嬉しすぎる・・・♡

しかし、どこで俺を見てるのかな〜?

んんっ!!ちょっとまてよ・・・

なんで、これが『俺の車』ってしってるの?

会社には、女性社員が何人かいるけど・・・

それなら、別に車のワイパーじゃなくても・・・

気になるな〜〜〜^^

気になって仕方が無いな〜〜〜^^


そこらへん、気になるから・・・

だって、ほらっ・・・やっぱね・・・

気になるもんネ^^

1回くらい・・・

返信してみようかな^^

まぁ、『不幸の手紙』でもなかったし・・・^^;


そうして、俺とyukaちゃんとの

レター交換がはじまった・・・

さて、顔も知らない・・・年もしらない・・・

声も・・・性格さえも・・・

分るのは、文面からうつし出される

とびきり好みの女の子の妄想だけ・・・

ホントに、そんなかわいい子だったら・・・

どうしよう・・・・♡

秋田県のあなた、いつもアクセスして
くれてありがとうございます^^
楽しんで頂けていると信じています♡
↓よかったらクリックして投票お願いしますネ。
ブログランキング

|

« 男心     その四 | トップページ | ジュンアイ・レター   第二話       »