« ジュンアイメイロ 第九十三話 | トップページ | ジュンアイメイロ 第九十五話 »

2008年5月15日 (木)

ジュンアイメイロ 第九十四話

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

昔のお話を見つけやすくしました。

徐々にUPしていきたいと思いますので

よかったら読んでくださいね('-^*)

・『ジュンアイメイロ』
を第一話から読む

これが最後の物語・・・


 



・『遠距離純愛』
 

を第一話から読む

物語はここから始まりました・・・


・『ひとりぼっちのクリスマス』

を第一話から読む

12月になると思い出します・・・


・『ジュンアイ・シーソー』

を第一話から読む

駆け引きなんかしらないヘタクソな恋愛・・・


・『歳の差純愛』
を第一話から読む

年上の彼女との切ない恋愛・・・


・『ジュンアイ・レター』

を第一話から読む

ラブレターをあげたこと、

もらったことありますか・・・?


・『フリン・ジュンアイ』

を第一話から読む

禁断の恋愛・・・

だけど、好きになってしまったから...

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*


『ジュンアイメイロ 第九十四話』

 


ヒロ『よ〜♪ ひっさしぶり〜〜〜♬』



俺『電話でしょっちゅうしゃべってるから、

たいして久しぶりでもないけどな・・・』gawk


ヒロ『相変わらず、冷たいな〜・・・

ま〜そんなことは、どうでもええねん!

俺はね〜うれしい!!



俺『まぁな〜、ツレの結婚式ってめでたいし、

ええもん食えるから、結構楽しいもんな』?!happy01


ヒロ『ちゃうねん!、ちゃうねん!!・・・

このブログに、俺の出番んがまだあったことがうれしいねん』happy02

俺『なんじゃそら・・・coldsweats02

そんなことより早よいかな、披露宴始まってまうで!!』

俺とヒロさんは、共通の友人の結婚式に

出席するために、大阪の某ホテルで久々の

再会をしていた。


 

21才の時からの付き合いのヒロさんと、

友人の結婚式に出席するのは、これで何回目だろう・・・


気がつけば幸せな家庭を築いて行く

仲間が1人、また1人と増えていく・・・


ヒロ『イヤ〜めでたい!!

めでたいな〜♪

あいつも可愛い嫁さんもろて幸せそうやな〜happy01



まぁ・・・

ここまでたどり着くには、いろんな障害が

あったやろけどな!?


あ〜俺も結婚しよっかな〜〜〜』noteheart




俺『結婚か〜そうやな〜・・・

俺らも、もうええおっさんやもんなぁ..』



俺とヒロさんは、披露宴の合間の歓談の間に、

高級フランス料理のコースをあてにして

真っ赤なワインでほろ酔いになりながら、

幸せそうな友人を、うらやんでいた・・・





ヒロ『そう言えば、優美香ちゃんとはどうなったん?

うまいこといってるんか?


まさか・・・

もうプロポーズしたとか言うんじゃないやろな〜』think






俺『いや〜これがなかなかね〜〜

麻衣子の時に1回失敗してるってのもあるし・・・



優美香の「元カレ事件」もあったやん..

やっぱ引きずってないって言ったら、

ウソになるし・・・


実際「ホントに結婚してもいいのか!?」って言う

不安な気持ちも無くはないしな〜・・・』




普段人前では、そんな弱気な言葉をこぼさないはずの俺も

幸せそうな新郎新婦を見ていたら、

おもわず、ポツリとこぼれ落ちてしまった。




ヒロ『誰でもそんなもんやで・・・


さっき言った障害ってやつは、

そう言う心の問題が1番大きいと思うで!

じゃなかったら、結婚って言う儀式

こんなに盛大になるはずないと思うで!?


みんな、言葉にできないような、

いろんな思いを乗り越えて・・・

もしくはそれを抱え込んだまま、

ここまでたどり着いたんやで・・・



あ〜俺も乗り越えたいな〜〜heart04







真っ赤な顔をして、うんちくをたれる

ヒロさんと俺との空間は、披露宴会場だと言うのに

もはや小さな1つの居酒屋に成り果てていた。beerbeer


そんな話をしているうちに、

披露宴はクライマックスを迎え、

たくさんのうれし涙と、たった1つの

淋しさとうれしさの入り交じった

父親の涙で幕を閉じた。





俺『いい結婚式やったな』happy01


ヒロ『そうやな〜あいつもちょっと泣いてたしなsmile

2次会で、ひやかしたらなあかんな』bleah


俺『いいね〜それsign03

じゃ〜2次会の場所までプラプラ歩いて

行きますか?』



外に出るとまだ5時だというのに、

もう真っ黒・・・

冷い冬の風が、酔っぱらったおっさん2人を

少しだけ正気に戻した・・・



俺『あのさ〜

さっきは突っ込まんかったけど、

「結婚しよっかな〜・・・」って言う前に

先に彼女作れよ』sign03


ヒロ『わかってるっちゅうねんsign01

だから今から2次会行くんやろ〜』sign02lovely


コンパか〜!!』ヽ(`Д´)ノ



そして俺たちは、コンパ会場・・・じゃなかった...


2次会のオシャレなショットバーに向かったrun

よかったらお好きなランキングサイトを

クリックして、ジュンアイメイロを

応援してください☆

ブログランキング

↑ジュンアイメイロは

『恋愛』のカテゴリーに登録しています。

FC2 Blog Ranking

|

« ジュンアイメイロ 第九十三話 | トップページ | ジュンアイメイロ 第九十五話 »