« ジュンアイメイロ 第九十六話 | トップページ | ジュンアイメイロ 第九十八話 »

2008年5月28日 (水)

ジュンアイメイロ 第九十七話

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

昔のお話を見つけやすくしました。

徐々にUPしていきたいと思いますので

よかったら読んでくださいね('-^*)

・『ジュンアイメイロ』
を第一話から読む

これが最後の物語・・・


 



・『遠距離純愛』
 

を第一話から読む

物語はここから始まりました・・・


・『ひとりぼっちのクリスマス』

を第一話から読む

12月になると思い出します・・・


・『ジュンアイ・シーソー』

を第一話から読む

駆け引きなんかしらないヘタクソな恋愛・・・


・『歳の差純愛』
を第一話から読む

年上の彼女との切ない恋愛・・・


・『ジュンアイ・レター』

を第一話から読む

ラブレターをあげたこと、

もらったことありますか・・・?


・『フリン・ジュンアイ』

を第一話から読む

禁断の恋愛・・・

だけど、好きになってしまったから...

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*


『ジュンアイメイロ 第九十七話』

 

 

俺は、優美香をギュっと抱きしめた・・・


優美香『ど、どうしたの・・・けんちゃん?

もしかして・・・飲み過ぎた??』
winewinewine


俺『なんでやねん!!ヽ(`Д´)ノ




確かに呑んでるけど、優美香の運転よりは

安全やから俺が運転するわ!』bicycle


優美香『えええ〜・・・gawk

けんちゃん酔っぱらってるのに大丈夫〜・・・?』




俺は、前かごのプーさん座布団を彼女に持たせて、

自転車にまたがった。



俺『ほらっ、早く乗って!行くぞ!!』


俺たちの自転車は、雪の降り続く真っ暗な帰り道を、

ゆっくりと進みだした・・・



優美香『けんちゃん、ホントに大丈夫??

なんかフラフラしてるけど・・・』



俺『だ・だい・・じょう・・・





・・・sad




ヤッパリ危ないし..歩いて帰ろうか・・・』coldsweats01


結局プーさんを結婚式の引き出物の紙袋に入れて、

寄り添いながら俺たちは歩いた・・・


降り続ける雪は、町中のいろんな色を

少しずつ真っ白に覆い隠して行く・・・



彼女は、まだ誰の足あとも着いていない

場所を見つけては、自分の足あとをつけて

子供のようにはしゃいでいる。



俺はそんな彼女を見守るように見つめながら、

俺の心を言葉に変えた・・・


俺にとって、優美香の存在ってなんなんだろう・・・

 

ただ俺の側にいてほしいだけ...

「誰かに奪われたくない」ただそれだけ...


それは・・・恋


彼女に優しさなんてもとめない...


優しさは俺が与えてあげるから...






信じようなんて思わない...

もう疑うことをやめたから...



そしてこれが・・・愛



俺は彼女を愛している・・・


俺の見つめる未来には、


優美香の姿が浮かんでいるのが


はっきりと見えた・・・

優美香『けんちゃん見て!!

空き地が真っ白になってるよnote

明日の朝はもっと積もってるかな?』




俺『優美香・・・』




『ん?

なに、なに??』

『結婚・・・しよう』





『えっ・・・!?』


その瞬間、俺と彼女の時間が止まった・・・







静かに降り積もる粉雪と、

赤く点滅する信号の光はそのままで・・・

よかったらお好きなランキングサイトを

クリックして、ジュンアイメイロを

応援してください☆

ブログランキング

↑ジュンアイメイロは

『恋愛』のカテゴリーに登録しています。

FC2 Blog Ranking

|

« ジュンアイメイロ 第九十六話 | トップページ | ジュンアイメイロ 第九十八話 »