« ジュンアイメイロ 第九十九話 | トップページ | 最後のブログ・・・ »

2008年6月11日 (水)

ジュンアイメイロ 最終話

『ジュンアイメイロ 最終話』


人生最大のイベントである結婚式を終えて、


俺たちは、はれて夫婦になった・・・


思い出の1ルームマンションから少し離れた場所に

3LDKのマンションに移り、

俺たちの新しい生活が始まった・・・



優美香のお腹も、日に日に大きくなって

気がつけば予定日まで後40日を切っていた。


先生『本当に、どちらか聞かなくていいんですか?


最近は、事前に赤ちゃんの用意をそろえる人が

増えてますから、どちらか聞く方が多いんですけどね・・


まぁ、赤ちゃんもお母さんも健康で順調ですし、

お楽しみと言うことで・・・』





そして彼女は安心して出産準備ができる、

実家の愛媛に帰郷した・・・





つかの間の一人暮らし・・・

京都での生活を思い出す。

俺は、3LDKの1番狭い部屋に布団を敷いて、

想像もできない、父親像をイメージした。





そして、予定日の二日遅れの午前3時

携帯がけたたましく鳴り響いた・・・



俺『わかりました!!

今すぐ行きます。』



眠さを忘れるくらいの不安と期待・・・

俺が愛媛の病院にたどり着いたのは、

朝の8時を過ぎたくらい・・・



お腹の赤ちゃんは、俺の到着を待ちわびていたかのように、

それを合図に嫁さんを分娩室に向かわせた。





そして・・・





新しい命が・・・





誕生した・・・






疲れ果てた顔で涙ぐむ彼女に、

俺はできるだけやさしくKissをした・・・



俺は病院の外に出て、1番始めに大阪で心配している

母親に電話をいれる・・・

電話の向こうでは、歓喜の涙で溢れる母親の声がした。



けれど、実の所・・・

実感のわかない俺は思った以上に冷静で・・・



母『早く、お父さんにも連絡してあげて!!』



俺は少しめんどくさそうに、

携帯を耳にあてたまま自動販売機でコーヒーを買いながら

オヤジの携帯に電話をいれる・・・




俺『あっ!?オヤジ!

産まれたよ・・・元気な男の子や!!』



オヤジ『そうか!男の子か!おめでとう!!


これでお前にも、やっとわかる資格を得たな?!

いつかお前が言ってた「純愛」ってやつが・・・』




俺『えっ・・・!?』


オヤジ『愛すること以外の選択肢の無い存在・・・

それはもう1つの純愛や!


例えどんなにケンカしようと、反抗しようと、

家に帰ってこなくても、どんなに離れていようと、

どんなに連絡がなかろうと、

愛すること以外ありえない・・


例え、犯罪をおかしたとしても・・・




もう1つの純愛・・・


それは...






「絶対愛」






これからが、お前の人生の始まりや!!

しっかり守り抜けよ・・・


お前の家族を・・・』



俺は、何も言えず自動販売機の前に膝をつき、

声を出しながら溢れ出る涙を、

止められずにいた・・・




俺『ありがとう・・・オヤジ...』



そして俺は、その時初めて

自分が父親になったことを実感した・・・


泣きながら立ち上がることもできない

軟弱で頼りない父親に・・・







そして、5年の月日が流れた・・・・




パパ『へぇ〜

(じん)に好きな娘がおるんや〜〜』happy01heart04


ママ『そうらしいよ〜heart01

幼稚園の同じクラスの女の子なんだって〜』smile


パパ『仁よ!その子はどんな子なん?かわいいんか??』



仁『幼稚園で1番かわいいよ』happy01heart02



パパ『そうか〜

仁にも好きな娘ができるようになったんか〜・・・






仁よ!?





その好きは純愛か』?




仁『「ジュンアイ」・・・・sign02



パパ〜「じゅんあい」って何??』





パパ『アハハハ・・・

純愛か?!




そうやな〜・・・・




それは・・・











またいつか、教えたるわ・・・』delicious



Img_8644

 

・・・おしまい



よかったらお好きなランキングサイトを

クリックして、ジュンアイメイロを

応援してください☆

ブログランキング

↑ジュンアイメイロは

『恋愛』のカテゴリーに登録しています。

FC2 Blog Ranking


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

昔のお話を見つけやすくしました。

徐々にUPしていきたいと思いますので

よかったら読んでくださいね('-^*)

・『ジュンアイメイロ』
を第一話から読む

これが最後の物語・・・


 



・『遠距離純愛』
 

を第一話から読む

物語はここから始まりました・・・


・『ひとりぼっちのクリスマス』

を第一話から読む

12月になると思い出します・・・


・『ジュンアイ・シーソー』

を第一話から読む

駆け引きなんかしらないヘタクソな恋愛・・・


・『歳の差純愛』
を第一話から読む

年上の彼女との切ない恋愛・・・


・『ジュンアイ・レター』

を第一話から読む

ラブレターをあげたこと、

もらったことありますか・・・?


・『フリン・ジュンアイ』

を第一話から読む

禁断の恋愛・・・

だけど、好きになってしまったから...

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*


|

« ジュンアイメイロ 第九十九話 | トップページ | 最後のブログ・・・ »